協同組合と共済事業の発展をめざし、調査・研究、教育・研修、広報・出版活動のほか、共済相談所として苦情・紛争解決支援業務を行っています。
文字サイズ
  • HOME
  • 協会の取組み
  • 共済理論研究会

協会の取組み共済理論研究会

 共済理論研究会は、「共済団体連絡協議会」(JA共済連・全労済・JF共水連・共済保険研究会の4団体)の活動の一環として1989年に発足し、5名の専門研究者と共済団体連絡協議会の関係者が「共済の本質」を研究・討議していました。
 その後、1992年の日本共済協会の発足時には、協会から付託された「共済事業にかかわる基礎的な理論、法制のあり方等の研究」をおこなう研究会となりました。これ以降、研究を積み重ね、協同組合共済の役割を明確にするなど、共済に関する理論・法制等の研究の強化・向上に大きな役割を果たしてきました。
 現在、共済理論研究会は、幅広い分野の研究者に会員団体委員を加え、環境変化に対応して、より実践的な課題をテーマとして研究を深化させています。

共済理論研究会委員名簿(2017年4月現在)

敬称略
氏名 所属・役職 役割
江澤 雅彦 早稲田大学商学学術院教授 主査
秋葉 武 立命館大学産業社会学部教授 幹事
岡田 太 日本大学商学部准教授 幹事
恩藏 三穂 高千穂大学商学部教授 幹事
多木 誠一郎 小樽商科大学商学部企業法学科教授 幹事
松崎 良 前東日本国際大学教授
石山 卓磨 日本大学客員教授・弁護士
大塚 英明 早稲田大学大学院法務研究科教授
本間 照光 青山学院大学名誉教授
宮地 朋果 拓殖大学商学部教授
高橋 巌 日本大学生物資源科学部食品ビジネス学科教授
栗本 昭 法政大学連帯社会インスティテュート教授
石田 成則 関西大学政策創造学部教授
甘利 公人 上智大学法学部教授・弁護士
福田 弥夫 日本大学危機管理学部教授
金岡 京子 東京海洋大学学術研究院海事システム工学部門教授
小野寺 千世 東海大学法学部教授
米澤 好史 和歌山大学教育学部教授
崔 桓碩 八戸学院大学ビジネス学部専任講師
若松 仁嗣 JA共済連 調査広報部長
平島 淑光 JF共水連 統合企画部長
今泉 信一郎 全労済 経営企画部次長
柳田 朗浩 コープ共済連 総合マネジメント本部 本部長

これまでの研究活動・成果

  • 2009年度から、研究期間を1期2年として運営を行っています。
  • 報告者の肩書は当時のものとなります。
(肩書は当時のもの)
第Ⅴ期
2017(H29)年度
1
  • 韓国農協の株式会社転換後の経営特性および組織アイデンティティの分析
    八戸学院大学 ビジネス学部専任講師 崔 桓碩
2
  • 協同組合における出資金概念の諸相
    日本大学商学部准教授 吉田 武史
第Ⅳ期
2016(H28)年度
1
  • 平成27・28年度研究報告者との意見交換
2
  • ①共済団体の特性に応じた効果的な内部統制のあり方
    日本大学商学部准教授 岡田  太
  • ②共済契約の募集に係る体制整備のあり方に関する法的考察
    東海大学法学部教授 小野寺 千世
3
  • ①協同組合としてのトラック共済 ―その生成と展開―
    立命館大学産業社会学部教授 秋葉 武
  • ②共済団体の取組みと組合員の参画意識
    高千穂大学商学部教授 恩藏 三穂
4
  • ①平成27年農業協同組合法改正とその先
    小樽商科大学 商学部企業法学科教授 多木 誠一郎
  • ②住民参加型福祉を軸とした相互扶助の制度化と共済組合員の参画意識
    関西大学政策創造学部教授 石田 成則
2015(H27)年度
1
  • テーマ:組合員の参加・参画意識の向上
  • ①共済団体の取組みと組合員の参画意識
    高千穂大学商学部教授 恩藏 三穂
  • ②トラック共済に見る組合員の参画意識
    立命館大学産業社会学部教授 秋葉 武
  • ③住民参加型福祉を軸とした相互扶助の制度化と共済組合員の参画意識
    関西大学政策創造学部教授 石田 成則
2
  • テーマ:共済事業における内部統制のあり方
  • ①農協法改正等を踏まえた協同組合における管理・運営制度のあり方
    小樽商科大学 商学部企業法学科教授 多木  誠一郎
  • ②共済団体の特性に応じた効果的な内部統制のあり方
    日本大学商学部准教授 岡田  太
  • ③共済契約の募集に係る体制整備のあり方に関する法的考察
    東海大学法学部教授 小野寺 千世
第Ⅲ期
2014(H26)年度
1
2
3
2013(H25)年度
1
2
3
4
第Ⅱ期
2012(H24)年度
1
  • 共済と保険その同質性と異質性―戦略的経営の観点から
    日本大学商学部准教授 岡田  太
2
  • 共済と保険その同質性と異質性―危険選択の観点から
    拓殖大学商学部准教授 宮地 朋果
3
4
  • ①平成23・24年度研究報告者との意見交換
  • ②平成25・26年度研究内容・方針等についての意見交換
2011(H23)年度
1
  • ①平成21・22年度研究報告者6名と委員全員による座談会
     テーマ:平成21・22年度の研究報告から見えてきた
    「協同組合共済に問われている課題〜共済の強み・弱み」
    JA共済連 経営企画部調査担当部長 若松 仁嗣
  • ②会員の事業活動についての委員による勉強会その1
     (JA共済連、JF共水連)
    JF共水連統合企画部長 深瀬 茂哉
2
  • 会員の事業活動についての委員による勉強会その2
    (全労済、コープ共済連、全国生協連)
    全労済経営企画部次長 宇野澤 慎一
    コープ共済連 総合マネジメント本部長 小塚 和行
    全国生協連共済企画部部長 田中 隆幸
3
  • 協同組合の潜在能力と発展の可能性
    ―協同組合と株式会社の本質の比較検討―
    青山学院大学法学部教授 関 英昭
4
  • 共済と保険その同質性と異質性
    ―「保険会社と契約者」「共済団体と組合員」の関係性の観点から
    早稲田大学商学学術院教授 江澤 雅彦
第Ⅰ期
2010(H22)年度
1
2
3
4
  • 第1回〜第3回研究会の最終報告とまとめ
    東日本大震災のため中止
2009(H21)年度
1
2
3
4
  • 各テーマの追加報告とまとめ
2008年度以前の研究活動・成果一覧はこちら

2011・2012年度の研究論文は「日本共済協会 結成20周年・2012国際協同組合年 論文・講演集」に収録されています。